2010年05月01日

<口蹄疫>周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州(毎日新聞)

 宮崎県の畜産農家で口蹄疫(こうていえき)に感染したり、感染の疑いがある牛が相次いで見つかった影響で、九州では牛の競りやイベントの中止が相次いでいる。

 宮崎県では感染の可能性がある牛が見つかった川南町で、山海の幸をトラックに載せて販売する25日の「トロントロン軽トラ市」(町商工会主催)が中止に。JA宮崎経済連が宮崎市・シーガイアで24、25日に開催予定だった「食と農の祭典2010」も防疫措置で職員が出払っているため取りやめになった。経済連の担当者は「こういう時だからこそ開催したかったが、残念」と話した。

 鹿児島県では21〜25日の成牛市場などでの競りが取りやめになったほか、鹿児島市が5月9日に予定していた「市農林水産春まつり」の中止を決定。宮崎県境にある志布志市で28、29両日開催予定の「お釈迦(しゃか)まつり」も実行委が感染防止を理由に中止した。

 このほか大分、熊本、佐賀でも24〜28日に予定されていた肉牛などの競りが中止になった。

 口蹄疫に詳しい宮崎大学農学部の後藤義孝教授(家畜微生物学)は「感染ルートや範囲が判明していない状況で、宮崎の近隣県が敏感になるのはやむを得ず、一概に過剰反応とは言えない。感染例が出れば畜産農家にとっては大打撃なので、特に畜産関連のイベントは当面見送った方が良いのではないか」と話している。

【関連ニュース】
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:疑いの強い牛や水牛見つかる 5、6例目…宮崎
口蹄疫:さらに6頭に感染の疑い 宮崎

<シバザクラ>40万株が見ごろに 埼玉・秩父の羊山公園(毎日新聞)
淡海一家総長を逮捕 恐喝容疑、逃走手助け役も(産経新聞)
「安全の重要性再認識」=鉄道各社アンケート−福知山脱線5年(時事通信)
殺人容疑で不明の夫に逮捕状 伏見の母子殺人事件 京都府警(産経新聞)
普天間「あらゆるオプション想定」=前原沖縄相(時事通信)
posted by タカモリ タダヒロ at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。