2010年04月19日

「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】藤崎一郎駐米大使は15日の記者会見で、核安全保障サミットに出席した鳩山由紀夫首相に関し、米紙ワシントン・ポストが14日付のコラムで「首相が最大の敗者」などと報じたことについて、「一国の首相に対して失礼だ」と不快感を示した。

 藤崎大使は「記事はコラムであり、ポスト紙の考え方を反映しているとは思わない」としながらも、同紙に対して抗議するのではなく、日本の立場を説明する機会を設けるかどうか検討する考えを示した。

 記事は風刺調のコラムとして掲載された。この中で鳩山首相を「不運で愚かな日本の首相」と紹介。米軍普天間飛行場の移設問題で首相のことを「まったくあてにならない」とこきおろし、「あなたは同盟国の首相ではなかったか。首相を相手にしたのは中国の胡錦濤国家主席だけだ」と皮肉った。

【関連記事】
鳩山首相は「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
普天間5月決着を絶望視 期限迫り予防線張り始めた政府 米側は柔軟姿勢伝える
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
「普天間」迷走で日米異常事態 国力低下必至、どうなる日本
外国人地方参政権問題に一石

男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
キリスト教会また“消火器テロ” 関西でプロテスタントばかり(産経新聞)
新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」(産経新聞)
21日に党首討論(時事通信)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
posted by タカモリ タダヒロ at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。