2010年06月11日

<口蹄疫>「宮崎牛どうなる」 感染地域3割超す(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題は10日、新たに宮崎、日向市で感染疑いの家畜が見つかり、感染はいっこうに終息する気配がない。都城市と隣接する鹿児島県をはじめ、他県の関係者も感染拡大への不安を募らせている。

 宮崎県内26市町村のうち、感染農家が出ているのは4市5町(終息したえびの市を除く)。県全体の面積の32%に達した。

 「終息に向かうと思っていたが、吹き飛んだ。宮崎の牛はどうなってしまうのか」。この日、口蹄疫特有の症状を示す家畜が見つかった西都市。厳重な防疫態勢を敷いていただけに、JA西都職員はショックを隠さない。

 西都市は、県が宮崎牛ブランドの復興を託すエース級種牛5頭の避難先。畜舎は今回疑い例が見つかった農場から20キロ以上離れており、感染の可能性は低いとみられる。

 日向市は10日の対策本部会議で、11日未明までに発生農場内での埋却地の掘削を終え、60人態勢で349頭の牛の殺処分と埋却をすることを決めた。黒木健二市長は「断腸の思いだが、早急に手を打ちたい」と述べた。発生農家から3キロの場所に農場を持つ日向市和牛改良組合会長の黒木豊喜さん(56)は「ワクチン接種だけは勘弁してほしい」。

 宮崎市も11日中に殺処分から埋却までの全作業を終える方針。児玉稔・現地対策副本部長は「ついに来たか、という感じだ。職員も動揺している。今は迅速に処分することだけを考えている」と険しい表情を見せた。

 宮崎市の畜産農家で殺処分されたエース級種牛「忠富士」の育ての親、川越忠次さん(52)は「宮崎市は人家が多く、まん延すれば埋却地の確保も難しい。何としても1軒で収まってほしい」と語った。【小原擁、木元六男、阿部周一】

囲碁 穏やかな序盤戦に 本因坊第3局始まる(毎日新聞)
<窃盗>阪神・中村コーチのユニホーム盗難 兵庫のホテル(毎日新聞)
団塊ジュニアを見送れば日本は再生不能 駒村康平・慶大教授 (産経新聞)
<文科省>学力テスト「要改善」 行政事業レビュー(毎日新聞)
<はやぶさ君>人気加速 13日に地球帰還(毎日新聞)
posted by タカモリ タダヒロ at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。